トップページ > お知らせ > バスの車内事故防止についてのお願い

バスの車内事故防止についてのお願い

バスは安全運転に徹しておりますが、「無理な割り込み」や「急な飛び出し」などによる事故を回避するため、やむを得ず急ブレーキを掛ける場合があります。
満席のため、お立ちになってご利用いただく場合には、吊革や握り棒にしっかりおつかまり下さい。



転倒を防止するため、バスの発進時を含め、バスの走行中は、
◎着席しましょう
◎立っている場合は、手すりなどにしっかりとつかまりましょう。

特に高齢者の転倒、骨折事故が多発しておりますので、
◎高齢者の方などは、転倒の危険性を認識して、着席等を心掛け ましょう。
◎降車の際は、扉が開いてから席を立ちましょう。